HOME > 同時進響劇とは


「同時進響劇」「オーケストラ劇」は劇団現代古典主義の登録商標です。

2016Breath11mm.jpg

舞台上を複数場面に分割し、同時間枠での別地点の物語を同時に進行する、新演劇。

台詞が、舞台上のさまざまな場所から次々に、また、同時に、お客様へと発せられる、
まるでオーケストラのような演劇という意味より、「同時進響劇」「オーケストラ劇」と称しています。

お客様より「正に構築する劇団」「新しい演劇を観ました」「これじゃないともうダメです」など、
お声を頂戴しています。

NEWS

「同時進響劇」「オーケストラ劇」が特許庁より商標登録の認可を受けました(2017.3)

劇団SNS links

劇団blog

稽古風景など、活動の様子を更新しています。