スペインの悲劇チラシ.jpgスペインが「黄金世紀」を迎える切っ掛けとなった"1580年ポルトガル併合"をモチーフに描かれた作品です。

4階劇場の小空間から、世界の名作を70分で判りやすく解き明かし、現代古典の物語へお連れする”The 4th floor series”。今年はフランス-スペイン-イタリア-イギリスが舞台の名作を題材に中世を周遊!!
vol.3は”スペイン復讐悲劇”をお届けします。

The 4th floor series vol.3 同時進響劇®
スペインの悲劇~ヒエロニモの怒り~
2018.6/24(日)~7/10(火)17ステージ※上演時間70分予定
会場:劇団現代古典主義アトリエ(京王線代田橋駅より徒歩7分) 
前売3,500円 当日3,800円
脚色 夏目桐利  原作 トマス・キッド

イギリスの劇作家。イギリスでの初演1587年(説有力)以降、15年に渡り上演された。 
「復讐悲劇」の先駆けで、シェイクスピア「ハムレット」の原案と言われている。
また、英国文学史上初の「劇中劇」が用いられた作品。

16世紀後期スペイン。司法長官ヒエロニモの伺い知れぬところで、
 王族インペリアと恋仲であった息子ホレイショーが宮廷の何者かに殺害される。
ポルトガル植民地獲得という国家利益の為に我が子を殺害された一介の役人
ヒエロニモが、王族相手に果たす復讐にご注目ください!

同時進響劇®(どうじしんこうげき)とは…商標登録に認可された劇団現代古典主義,考案の新表現。複数場面を同時間軸で進行させる。古典作品を同時進響劇に再構築することで物語に立体感と展開にスピード感が加えられ、古典作品を現代でも楽しみやすい《現代古典》として上演。

007.png

先行ご予約受付中!!

ご予約フォームはカレンダー下部にございます。

特典①指定席
特典②「スペインの悲劇」オリジナルクリアファイルプレゼント!

※指定席 ※日時変更1回までOK

[キャンセルの場合]…キャンセル規約は、ご予約フォームに記載しています。


6月24日(日)~7月10日(火) ※上演時間70分
Wキャストの出演日程は、下記ご予約フォーム内に掲載しています。
 
6/24
18:30 

 6/25
19:30


6/26
19:30
★アフター
トーク 
 

休演日
 
6/28
19:30
6/29
19:30
6/30
14:30
 18:30 

7/1
14:30
★アフター
トーク

休演日  7/3
19:30 
7/4
19:30 
7/5
19:30
★アフター
トーク
休演日  7/7
14:30
 18:30 

7/8
14:30
 18:30 
 

7/9
19:30
 
 7/10 
19:30 
計17公演
     

登場人物・原作者・CAST紹介

司法長官ヒエロニモ:大西輝卓


宮廷司法長官。ホレイショーの父・ダニエラの夫

王族兵士ロレンゾ:樽谷佳典


王族。国王の甥、インペリアの兄

王族インペリア:田畑恵未


王族。国王の姪、ロレンゾの弟

召使いペドリンガーノ:柏木公宰


インペリアの召使い。

ヒエロニモ妻ダニエラ:土肥亜由美


ヒエロニモの妻、ホレイショーの母

道化サラ:倉持杏純


宮廷子供道化

召使いアンナ(W):成田英恵


ダニエラの召使い

召使いアンナ(W):佐藤瑠奈


ダニエラの召使い

スペイン王妃エルビラ(W):藤井絵理


スペイン王妃

スペイン王妃エルビラ(W):田口ユリ子


スペイン王妃

兵士ホレイショー(W):大宮聖也


ホレイショー・ダニエラの息子

兵士ホレイショー(W):諏訪貴大


ホレイショー・ダニエラの息子

<原作者>:トマス・キッド